ホーム ≫ 医療介護施設ソリューション ≫ 快適な睡眠を
医療介護施設ソリューション
Medical & nursing care facility solution
快適な睡眠を
健康的な生活リズムの創造と魅力的なライフスタイルの実現

光の質や明るさの組み合わせが、生活リズムや健康状態に影響を与えるといわれます。太陽の光に倣った光の質(色温度、スペクトル)や明るさを、適切に制御することにより、自然光のリズムに則った健やかな生活リズムを支えます。

光色・明るさが一定に保たれた現代の照明環境下では、時間に応じた自然光と照明光のギャップがあり、メラトニンの分泌に影響を及ぼすと考えられています。メラトニンの分泌が抑制されると、人は眠りにくくなるといわれています。

LEDの調光調色機能や光質によって自然光に近い光のリズムを再現することで、メラトニンの分泌や抑制に働きかけ、覚醒やリラックスできる雰囲気づくりをサポートします。

人にやさしい光で快適な暮らしを実現する⇒ 相反する光の課題
明るさの確保と、相反する光の課題

高齢者の方にとって最適といわれる照度(明るさ)を確保する場合、全般照明で行うと、明るすぎてグレア(まぶしさ)が発生し、不快感を感じたり、見えづらくなったりする可能性があります。また、各部屋に照度差が出ると、明るさの変化に対応が出来なくなります。さらに、夜間にトイレに起きたら明るさで目が覚めて、再び眠ることが出来ないなどの問題が起こります。

相反する光の課題に、最新の技術や照明の手法を用いることで対策が検討できます!